×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

◆電子レンジの選び方3のポイント


電子レンジは、いまや家庭になくてはならない必需品になりました。 いざ、電子レンジを買い替えるとなると、どれにしたらよいか悩む方が以外と多いと思います。 そこで、電子レンジを選ぶための3つのポイントをお伝えします。

最近は、スチーム機能がついてラップなしでもおいしく料理を温められたり、油分をカットできるモノがあります。 また、ターンテーブルがなく庫内が平らでお手入れが簡単な商品なども人気です。

一口に電子レンジといっても、「単機能レンジ」、「オーブンレンジ」、「スチームオーブンレンジ)」などのタイプがあります。 価格のほかに、用途・目的などを考えて、調理に役立つ一台を選択してくださいね。

電子レンジの選び方3つのポイントを見る!
↓ ↓ ↓

電子レンジの選び方3つのポイント

  1. 加熱の仕組みを知る
    レンジ(温め)加熱、オーブン加熱、グリル加熱など、レンジには大きく分けて3種類の加熱方法があり、料理のメニューによって適した方法も異なります。 最近ではさまざまな機能とそれぞれの加熱方法を組み合わせて、さらにおいしく調理できるような工夫がされていますが、まずは基本となる3つの加熱方法のしくみと特徴を知って商品選びや調理に役立てましょう。
  2. レンジ出力とサイズをチェック
    料理を温める際にかかる時間は、レンジ出力によって変わります。レンジの出力数は「ワット(W)」で表され、この数字が高ければ高いほど加熱時間が短くなります。 家族の人数によって一度に作る料理の量や種類が変わってくるので、家族の人数にあわせてサイズを選びます。
  3. 用途と目的から選ぶ
    どんなときに使うことが多いか、何を作りたいかでも選ぶ商品のタイプは変わります。 「多機能なオーブンレンジを購入したけれど使う機会がない」、「作りたい料理が思い通りに仕上がらない」というようなことにならないよう、用途や目的に合わせて家庭にぴったりの一台を選びます。

なかなか決められない人へのアドバイス

電子レンジを選択するには、前出の3つのポイント「加熱」「レンジの出力とサイズ」「用途と目的」のほかに、 「価格」「デザイン」「使い勝手」「騒音」など選択基準はいろいろあります。 これだけ選択肢が多いと、どれにするか悩みますよね。

でも、決められないのは「選択肢」が多いのではなく、「判断基準」が多すぎるからなんです。 こういったときに役立つのが、「判断基準に優先順位をつける」という考え方です。

できれば、「重視する判断基準」を二つまでに絞り込み、その二つの基準だけで即断できるようにします。 私の場合、「用途・目的」と「価格」を重要な判断基準にします。

電子レンジを買うときは、判断基準を二つに絞り込んでから出かけましょう。